1. 不妊と漢方…自分とパートナーの現状を受け入れる「愛」が変えていくもの
  2. 男性不妊の症状は?本人に自覚症状がないことはがほとんど。精液検査ではじ…
  3. 男性不妊の治療法とは?精子の異常「奇形精子」の原因と検査治療方法につい…
閉じる

男性妊活情報サイト(ヴァッシュリーブ)

このサイトの監修者一覧

「Vassilyev(ヴァッシュリーブ)」は専門家の監修のもと、妊活中の男性に対してお役に立てる情報を、わかりやすくご提供することを目的として運営しているサイトです。
妊活サイトの多くは女性向けが多いのですが、妊活自体女性だけが行うものではなく、男性側もパートナーと共に考え行動を起こしていく必要があります。
当サイトで掲載している記事は、栄養素やヘルスケアの分野において信頼のおける医師・薬剤師によって監修されたものです。

        

  • 江夏 徳寿(えなつ のりとし)

    医師
    英(はなぶさ)メンズクリニック 院長
    鹿児島大学医学部卒業,神戸大学大学院医学研究科卒業
    生殖医療専門医
    泌尿器科専門医
    指導医

    大学卒業後、済生会福岡総合病院にて研修医として従事。その後亀田総合病院にて泌尿器科後期研修医プログラムを終了し、より専門的な分野を学ぶために神戸大学附属病院へ転職。男性不妊を専門として臨床経験を積む傍ら、神戸大学大学院へ進学し研究にも従事した。
    大学院卒業後は神戸大学にて教鞭をとりつつ、泌尿器科全般の臨床に従事し、腹腔鏡手術の技術認定医も取得。神戸医療センター西市民病院副医長を経て、専門分野をより深く極めるために英ウィメンズクリニックへ就職。男性不妊に留まらず、不妊をトータルで診療するために、婦人科診療も行っている。

  • 二宮 英樹(にのみや ひでき)

    医師、データサイエンティスト
    福岡県出身
    東京大学医学部卒業 公衆衛生学専攻

    東京大学医学部卒業後、関西医科大学枚方病院、セレオ八王子メディカルクリニックなどで診療に従事。薬や手術に頼るだけではなく、コミュニケーションや触れ合いを活かした診療をモットーに患者との対話を重視する一方、データサイエンティストという異色の肩書きを持ち、医療技術や医薬品などの有効性について原典にあたり、評価手法やデータの有効性について常に確認を欠かさない。
    地域包括ケア研究所にて医療局長を務め、医療者として地域社会のひとりひとりのための医療や正しい知識の普及活動に従事している。これまでヘルスケアメディアを通じて、正しく、分かりやすい健康情報の発信に携わってきており、医療や健康は一人ひとりの個人差がとても大きいため、個人にあわせた情報を記事で発信することの難しさを実感。情報を丁寧に紐解くことで、自分にあった正しい情報が分かるような発信を心がけている。

  • 阿部 裕紀(あべ ひろき)

    薬剤師
    東京都出身
    星薬科大学薬学部卒業 薬物治療学専攻

    現在、化粧品会社に製造責任者という立場で品質管理などに携わる傍ら、薬に頼らないセルフケア(予防)を追求し、啓蒙活動を行う。ドラッグストアでの勤務経験を活かし、ライフスタイルに合わせた健康食品やサプリメントのアドバイスなども行う。個人的には、薬はあまり好きではなく、自然なもの(食品に近いもの)で身体の不調を治すことを常に考え、アドバイスを行っている。

最近の記事

  1. 精子にも寿命がある
  2. いわい薬局ご夫婦
  3. 男性妊活はもはや当たり前!男性妊活を食からサポートする人気のサプリメントをご紹介します
  4. 精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメント活用
  5. 射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命
ページ上部へ戻る