1. マイシード|男性の妊活をサポートする3大栄養素配合。男性妊活の専用サプ…
  2. 男性不妊の治療法とは?精子の異常「奇形精子」の原因と検査治療方法につい…
  3. 不妊と漢方…自分とパートナーの現状を受け入れる「愛」が変えていくもの
  4. 男性不妊の症状は?本人に自覚症状がないことはがほとんど。精液検査ではじ…
閉じる

男性妊活情報サイト(ヴァッシュリーブ)

妊活中男性の禁欲期間は短いほうが良いという場合も。男性不妊の対策や改善をご紹介。

この記事は男性妊活の専門サイトとしてベビーライフ研究所®が監修及び運営管理しております。
ベビーライフ研究所®が製造販売するサプリメント「マイシード®」はこちら

妊活を始めたけれど、自然にはなかなか子どもが授からない。

そんな時、男性側が産婦人科や泌尿器科等で精子の状態を調べる検査に、「精液検査」と「フーナーテスト」というものがあります。

「精液検査」は一回の射精で得られる精液の量と、精液内の精子の状態を知ることができ、精子の運動率や異常のある精子の割合なども分かります。具体的な採取方法は、病院に精液採取室を用意しているところもありますが、自宅で自身で採取し、数時間以内に病院に届ける方法もあります。

一方の「フーナーテスト」では、性交後、女性の子宮頸管の粘液を採取し、精子の状態を確認します。放出された精液中の精子の数や運動率だけでなく、女性の体内に射精された後の精子が生存して動き続けているかどうかが分かります。
排卵日前後に性交渉して、病院で女性の体から注射器で採取します。一回のフーナーテストでは、たまたま悪い結果が出てしまう可能性があります。複数回の検査を繰り返すことで、より正確な結果を知ることができます。

男性の場合、その日の体調やストレス、睡眠状態などによって検査結果が大きく左右されることがあります。そのため数回の繰り返しの検査が必要となって来るわけです。
ただその結果、人工授精を病院側から勧められるような場合であっても、その後、自然妊娠で子どもを授かることがかなりあります。というのも、繰り返しになりますが、男性の精液の状態は、かなり変化がみられるからです。精神的なこともかなり影響があるため、「臨床的根拠」がないものが多く、医師でも言及できない部分があるのです。
一般的に男性不妊に対して良いとされている方法を紹介します。

 

精液を改善するための方法

まず何より食べ物は私たちの体を作る要です。男性妊活でも食生活を見直すことで、健康な精子を生成し、結果的に女性が妊娠しやすくなる条件を満たすことができます。
具体的には、一日のカロリー摂取量を調整し、なるべくビタミンC、D、Eや亜鉛、カルシウムを十分摂取できるように心がけましょう。なかなかふだんの食べ物から摂り辛いようであれば、錠剤や粉末のサプリメントで不足分を補うこともできます。
ちなみに男性妊活向けのサプリメントでは、マカや葉酸が有名です。

コンビニ食やスーパーの総菜、ジャンクフードなどはできるだけ控えてください。添加物を含んだ食品は、精子に影響があると言われているからです。もちろん、暴飲暴食や不規則な食事も避けるようにしましょう。

 

そして男性妊活の天敵は、ストレスです。男性の生殖機能は女性に比べるとシンプルですが、それだけに精神的なことが大きく影響してしまいがちです。生活環境を変えていくことで、うそのように精子の運動率が上がったりその数が増えることがあります。
また、妊活自体にプレッシャーを感じてしまっては元も子もありません。ストレスを溜め込まないよう生活環境を改善するのがいいでしょう。規則正しい時間で起床し就寝する。過労はもってのほかです。

さらに男性の場合、下半身をジーンズやボクサーパンツなどで締め付けず、緩めのパンツやトランクスを履くことをお勧めします。下半身を圧迫すると、血液の循環が悪くなり、生殖機能を低下させる可能性があります。バイクや自転車の長時間運転もまた、睾丸を温めたり精巣を圧迫すると言われています。精子に影響があり、運動率が低下したり異常のある精子が増えるとされています。サウナや長風呂もこの時期はしないほうがいいでしょう。

電磁波にも気をつけてください。都市では電車や街中でスマートフォンや携帯電話を見ない日はありませんが、これらの機器をズボンのポケットに入れないようにするほうがよいでしょう。膝の上にノートパソコンやタブレットを置くのも、電磁波や機器の熱の影響があるので避けましょう。

女性は体を温めるほうが妊娠しやすくなりますが、男性の場合、逆に下半身はふだんの体温より若干冷えているぐらいがいいほどです。精子は体温よりも少し低いくらいの温度で、1番活発に運動できることがわかっています。

ほか精子に影響を及ぼす可能性のある、たばこの喫煙、過度のアルコールやカフェイン入り飲料の摂取は、妊活ばかりかほかの病気も引き起こしかねません。せめて妊活のための数カ月間だけでも控えめにしておきましょう。但し、妊活中のたばこは禁煙をお勧めします。そのほかふだん服用する薬があれば、妊娠に影響がないかどうかを医師に確認しておいたほうがいいでしょう。妊活のためのサプリメントについても成分が、薬と合うかどうか尋ねておくほうが無難です。

 

禁欲期間が短いほど精子のDNA損傷率は低い。

こうして挙げてみると、男性もまたずいぶん妊活中に制限されることが多いように感じられるかもしれません。ですが、可愛い未来の子どもに出会うためです。また長い人生の中の僅かな期間の話とも言えるでしょう。
そして一つだけ朗報があるとすれば、「禁欲期間」が短いほど、精子のDNAの損傷率が低いという報告があります。精子を溜め込まず、夜の営みを奥様と楽しみながら、のんびりした気持ちで妊活を行っていただければと思います。

マイシード
精子検査

の関連記事

  1. 妊活中男性の禁欲は短い方が効果的というデータあり。精子の数より精…

  2. 男性不妊の治療法とは?精子の異常「奇形精子」の原因と検査治療方法…

  3. 男性不妊と精子の関係は?精子の質が妊娠へ影響しているのことも。意…

  4. 男性妊活に重要な食べ物(栄養素)や精子の仕組み・つくられ方をおさ…

  5. 射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命

    射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命

  6. 精子にも寿命がある

    精子にも寿命がある。それはいったいどれ位の時間なのだろう。

最近の記事

  1. 精子にも寿命がある
  2. いわい薬局ご夫婦
  3. 男性妊活はもはや当たり前!男性妊活を食からサポートする人気のサプリメントをご紹介します
  4. 精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメント活用
  5. 射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命
ページ上部へ戻る