1. マイシード|男性の妊活をサポートする3大栄養素配合。男性妊活の専用サプ…
  2. 男性不妊の治療法とは?精子の異常「奇形精子」の原因と検査治療方法につい…
  3. 男性不妊(男性妊活)に効果的なサプリとは?サプリメントで精子の質を改善…
  4. 男性不妊の症状は?本人に自覚症状がないことはがほとんど。精液検査ではじ…
閉じる

男性妊活情報サイト(ヴァッシュリーブ)

マカだけじゃ足りない!マカ以外にも妊活に必要な栄養素がある

この記事は男性妊活の専門サイトとしてベビーライフ研究所が監修及び運営管理しております。
ベビーライフ研究所が製造販売するサプリメント「マイシード®」はこちら

【監修】
    二宮 英樹:
    医師、データサイエンティスト。福岡県出身。東京大学医学部卒業。専攻は公衆衛生学。
  • 阿部 裕紀:
    薬剤師。東京都出身。星薬科大学薬学部卒業。専攻は薬物治療学。
※詳細プロフィールは記事の最後に記載しております。

男性妊活サプリの成分として再び注目を集めているマカ。多くの妊活サプリに使用されるようになりました。マカにはたくさんの栄養素が含まれており、その中には男性妊活に必要な栄養素も多く存在しています。かつては精力増強成分として知られ、販売されていましたが、それだけではなく男性の妊娠力にも大きな影響を与えることがわかってきました。
そんなマカですが、男性不妊に関する研究も進み、マカだけでは補えない栄養素も妊活には必要ということがわかってきています。
それでは、妊活植物として大人気のマカをはじめ、男性の妊活に必要な栄養素をご紹介します。

マカってなに?

関連リンク:男性妊活サプリによく入っているマカとはいったいどんな栄養素なの?

まず、マカについてご紹介します。マカはペルー原産のアブラナ科の植物です。カブやダイコン・キャベツ・ブロッコリーなどの仲間です。根菜の一種で、根の部分を主に使用します。根は、一見しなびたカブのように見えます。色もくすんだ黄色や赤で、フレッシュなイメージではありません。
マカが野菜の一種だと知って驚く方も多いかもしれません。マカはペルーのボンボン高原という広大な高地などを中心に栽培されている薬効植物の一種です。マカが育つ高原は、4000メートルから5000メートルという標高のとても高い場所です。空気が薄く、紫外線が強く、日中と夜の寒暖差が激しい場所です。

そんな場所で育つマカは、古くから非常に栄養素が多いスーパーフードとして親しまれてきました。現地では昔から食用とされており、その地方では子どもが多く生まれ、大人になると背が高く成長したそうです。
またスペイン軍が進攻してきた折には、高地の厳しい自然になじめず、繁殖力を失った軍馬たちにマカの葉を食べさせたところ、繁殖力を取り戻したという記録が残っています。
マカは厳しい環境下で育つからこそ、大地の栄養をくまなく吸いこみ、紫外線や寒暖差に負けない抗酸化力を手に入れました。しなびて見えるのは、養分がぎゅっと濃縮しきって含有されているから。見た目よりもずっしりしているそうです。さらにそのマカを乾燥させて成分を濃縮させ、パウダー状にしたものが、日本でおなじみの滋養強壮成分、マカなのです。

マカに含まれている”妊活”栄養素のすごさ

マカには精液に多く含まれ、精子の数や運動率の高さに影響を与えると言われる亜鉛とアルギニンをはじめ、抗酸化作用と精子が減ることを防ぐ作用を持つミネラル、セレンなどが含まれています。また元気の源とされ、タンパク質合成や新陳代謝を促し若々しく元気な身体を保つアスパラギン酸や、男性ホルモン・テストステロンを増加させる働きを持っていると考えられているベンジルグルコシノレートなども含まれています。
さらに三大栄養素である炭水化物やタンパク質・糖質を代謝し、エネルギー生成に関わるクエン酸サイクルに欠かせない、ビタミンB群も含まれています。ビタミンB群は肌や粘膜の新陳代謝にも関わり、健康に保つ役割を果たすため、男女ともに妊活には欠かせないビタミンです。

そして鉄分もマカに含まれているミネラルのひとつです。赤血球のヘモグロビンを作るために欠かせない鉄分は、男女ともに命を支える成分のひとつです。特にアミノ酸の含有量は素晴らしく、人間が食物から摂らなければならない必須アミノ酸を含む18種類ものアミノ酸が含まれているんですよ。

特に妊活成分として注目したいのは、亜鉛とアルギニンですね。これまでは、精原細胞から細胞分裂で生まれ、成熟して完成する「精子」が注目されてきました。
しかしその精子に多大な影響を与えるのが精液だと言うことがわかってきたのです。そして精液や精巣内に、アルギニンや亜鉛が多く存在することも分かってきました。アルギニンや亜鉛は精液に多く存在することで、精子の重要な要素である数や運動率をアップするサポーターになっていたのです。これらの成分を多く、そしてバランスよく含むマカは、ペルーの人々から経験的に「滋養強壮作用が強い」と知られ、愛されてきました。
そして2000年前後に日本でも知られるようになり、研究によって実際に素晴らしい妊活パワーを秘める植物だということが解明されてきたのです。
マカは本当に素晴らしい完全栄養食です。でも、マカだけをサプリメントで摂っていれば、男性の機能がアップし健康な精子がたくさん生まれるという単純なものではありません。

妊活にオススメの栄養素「亜鉛・コエンザイムQ10・ポリアミン」

マカ以外にも妊活におすすめしたい男性のための栄養素はたくさんあります。中でも特に注目したいのが、亜鉛・コエンザイムQ10・ポリアミンの三大栄養素です。
現代の男性は、さまざまなストレスにさらされて生きています。肉体的ストレス、精神的ストレス、環境的ストレスなどです。それらのストレスは、男性の妊娠力を低下させます。

肉体的なストレスは過労や睡眠不足などです。満員電車で揺られることも、ストレスですよね。また男性不妊に対しては、長風呂や熱いサウナといった熱を外部から与えられることも、造精機能や精子にとってストレスになります。
精神的なストレスは、人間関係や仕事、妊活や男性不妊に対するプレッシャー、今後の不安などが挙げられます。また毒性の強いたばこに依存しやめられないのも、精神的なストレスからですね。しかし実際に吸うことで、タバコは肉体的なストレスにもなり得ます。
環境的なストレスは、環境ホルモンや自然災害、強烈な暑さなど、近年の異常な天候などが挙げられるでしょう。

その他にも食べ過ぎや太り過ぎ、メタボリックシンドロームや生活習慣病などもストレスになります。
こうしたさまざまなストレスに打ち勝って、加齢をはねのけ、元気な精子を作りだして勃起力を維持し、精子たちを正常に送り出すことは、とても大変なことです。そこで、マカに加えて摂取したい、男性妊活のための三大栄養素をご紹介します。

・亜鉛
・コエンザイムQ10
・ポリアミン
です。

次項からは、この三種類の栄養素について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

亜鉛がもつ妊活パワー

亜鉛はマカにも含まれているミネラルのひとつです。男性のミネラルとして知られており、欧米ではセックスミネラルと呼ばれています。なぜそんな呼び名がついたかというと、亜鉛が前立腺や精液・精巣などにたくさん含まれているからです。
また男性ホルモンの一種でそのほとんどを占めるテストステロンにも影響を与えるとされています。
亜鉛がヒトの身体の中で担っているのはタンパク質の合成や細胞分裂などのサポートです。さらに精子の生成や性ホルモンの合成にも欠かせません。

実は精液の亜鉛濃度はとても重要で、亜鉛が多いと精子が多く存在できることが分かってきました。カキをはじめとする貝類やカニ・納豆や玄米などに含まれているので、日本人はあまり欠乏することはありませんでした。
しかし、食品添加物に使用される化学系成分が亜鉛の吸収を阻害するため、ジャンクフードやインスタント食品などで食事を済ませる習慣のある方は要注意です。スナック菓子などのお菓子、カップラーメンなどを常食している、という方は欠乏しているかもしれません。
亜鉛が不足すると精子の質や量だけでなく、味覚などにも異常が起こります。不足しないように注意したい成分です。

コエンザイムQ10が持つ妊活パワー

コエンザイムQ10はユビキノンとも補酵素Qとも呼ばれる成分です。ヒトのミトコンドリアの中に存在しています。
ミトコンドリアは三大栄養素と呼ばれる糖質・脂質・タンパク質をはじめ、私たちが食べたものをエネルギーに変えるクエン酸回路の工場です。つまりミトコンドリアはエネルギー生成工場で、私たちが生命活動を行うために必要不可欠なものです。
ミトコンドリアでエネルギーを作り出すためには、いろいろなビタミンや鉄などのミネラル、そしてコエンザイムQ10の力が必要となります。
つまり、コエンザイムQ10が無いと、私たちの身体はパワー不足に陥ってしまうのです。でも、困ったことが起こります。コエンザイムQ10はヒトの身体の中で合成することができるのですが、20歳をピークにして減少の一途をたどります。

ストレスや老化、そして活性酸素などがコエンザイムQ10を減少させてしまいます。特に年齢による減少は、加齢による身体の疲れなどを引き起こします。そこで、コエンザイムQ10をサプリメントとして補ってあげることで、体内のパワー不足をサポートすることができるのです。
コエンザイムQ10はミトコンドリアのエネルギー工場に欠かせない存在ですが、非常に高い抗酸化作用も持っています。コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類があるのですが、これまでは酸化型のコエンザイムが主に使用されてきました。しかし酸化型コエンザイムQ10は、体内で還元型に変換しなくてはコエンザイムQ10としての力が発揮できません。酸化型から還元型に変換される過程で、せっかく摂取したコエンザイムQ10は少なくなってしまいます。
それに対し、還元型コエンザイムQ10は、そのまま体内で本来の力を発揮することができます。コエンザイムQ10サプリを選ぶなら、還元型を使用しているものをチョイスすることが重要です。

ポリアミンが持つ妊活パワー

ポリアミンはヒトだけではなく、細胞をもつ多くの生物に存在しています。そして細胞分裂が正しく行われ、遺伝子をコピーする役割を果たしています。
ポリアミンは、体内でアルギニンやオルニチンなどの酵素から合成されます。残念ながら、コエンザイムQ10と同様、年齢とともに減少する成分で、20代からどんどん減ってしまいます。ポリアミンは細胞分裂に大きく貢献する成分なので、精原細胞から細胞分裂を経て成熟する精子の増加にも深く関わっています。

また精子の運動率向上にも影響を及ぼすと言われています。実は精子の数はとても重要な妊娠力の指標なのですが、運動率も非常に重要なのです。精子は前へ前へと力強く進むようにできています。お腹にミトコンドリアというエンジンをつけ、その力で前進運動をします。
しかし、精子が前進運動をしなかったり、射精後すぐに力尽きてしまったりすることも少なくありません。この状態を精子無力症と呼んでいます。射精後2時間が経過して精子の半分以上がまだ前進運動を続けているようであれば正常値です。でもあっという間に動かなくなったり、最初からほとんど動いている精子が見られなかったりという方もいます。

さらに、精子の奇形率も重要です。精子はもともととても奇形率が高く、本来の形をした精子が3割を超えれば正常値とされています。
しかし、加齢などによって新陳代謝、細胞分裂や遺伝子のコピー能力が衰えてくると、正常な精子量もさらに減る傾向にあります。目で見てわかる奇形でも受精に影響を及ぼすのですが、目には見えない遺伝子の異常も起きているかもしれない……と考えると、とても怖いですね。
そこで細胞分裂や遺伝子の複製に欠かせないポリアミンを補うことが重要なのです。サプリメントでも使用される成分です。

妊活3大栄養素を上手に摂取する妊活サプリが今人気

これまでにご紹介した亜鉛・コエンザイムQ10・ポリアミンを上手に摂取できる妊活サプリメントが人気を集めています。特に注目したいのが、ベビーライフ研究所のサプリメント、マイシードです。主要成分として、亜鉛・コエンザイムQ10・ポリアミンを配合しています。もちろん有機マカも配合されています。
亜鉛は18歳以上の男性が1日に摂取することを推奨されている、8.8㎎をそのまま補えます。カキやレバーは食べられないという方でも毎日きちんと摂取できますよ。
コエンザイムQ10は、身体の中でそのまますぐに働いてくれる還元型コエンザイムQ10を使用しています。

ポリアミンは、大豆由来のソイポリアという生体ポリアミンが使用されています。ソイポリアには、スペルミジンというポリアミンが多く含まれています。
人体には主にプトレッシン・スペルミジン・スペルミンという3種類のポリアミンが存在しています。これらはそれぞればらばらに存在するのではなく、プトレッシンがスペルミジンに変換され、スペルミジンがスペルミンに変換されます。

マイシードに配合されているソイポリアには、スペルミジンが多く含まれています。スペルミンに変換する前のポリアミンです。スペルミンは精液の中にとても多く含まれるほか、前立腺などにも存在しています。精子の質や精力にも関わる、男性にとってとても重要なポリアミンです。
マイシードにはその他に有機マカをはじめ葉酸やビタミンC・ビタミンE、シトルリンなど多くの栄養素が配合されています。
葉酸は女性の妊活ビタミンとしてよく知られるビタミンB群の一種です。やはりマイシードに配合されているビタミンB12とともに、造血細胞と呼ばれています。
さらに鉄分とともにヘモグロビンを生成するために使われます。ヘモグロビンは全身に酸素をめぐらせる重要な役割を担っています。さらに細胞分裂の際に、DNA合成にも関わります。ポリアミン同様、正常な細胞分裂には欠かせない成分です。
マイシードなら、男性の妊活に必要な三大栄養をはじめ、マカも各種ビタミン・ミネラル・葉酸も簡単に毎日補うことができます。

男性妊活サプリメントを選ぶときは、妊活栄養素の亜鉛・コエンザイムQ10・ポリアミンが配合されているか、コエンザイムQ10は還元型か、マカは有機栽培か、ほかにも有用な成分がプラスされているかなど、細かいポイントをチェックしてから選んでくださいね。

マイシード
精子検査
【この記事の監修】
  • 二宮 英樹(にのみや ひでき)


    医師、データサイエンティスト。福岡県出身。東京大学医学部卒業。専攻は公衆衛生学。
    東京大学医学部卒業後、関西医科大学枚方病院、セレオ八王子メディカルクリニックなどで診療に従事。薬や手術に頼るだけではなく、コミュニケーションや触れ合いを活かした診療をモットーに患者との対話を重視する一方、データサイエンティストという異色の肩書きを持ち、医療技術や医薬品などの有効性について原典にあたり、評価手法やデータの有効性について常に確認を欠かさない。
    地域包括ケア研究所にて医療局長を務め、医療者として地域社会のひとりひとりのための医療や正しい知識の普及活動に従事している。これまでヘルスケアメディアを通じて、正しく、分かりやすい健康情報の発信に携わってきており、医療や健康は一人ひとりの個人差がとても大きいため、個人にあわせた情報を記事で発信することの難しさを実感。情報を丁寧に紐解くことで、自分にあった正しい情報が分かるような発信を心がけている。
  • 阿部 裕紀(あべ ひろき)


    薬剤師。東京都出身。星薬科大学薬学部卒業。専攻は薬物治療学。
    現在、化粧品会社に製造責任者という立場で品質管理などに携わる傍ら、薬に頼らないセルフケア(予防)を追求し、啓蒙活動を行う。ドラッグストアでの勤務経験を活かし、ライフスタイルに合わせた健康食品やサプリメントのアドバイスなども行う。個人的には、薬はあまり好きではなく、自然なもの(食品に近いもの)で身体の不調を治すことを常に考え、アドバイスを行っている。

の関連記事

  1. マイシード|男性の妊活をサポートする3大栄養素配合。男性妊活の専…

  2. 妊活サプリで始める男性妊活!男性不妊と妊活サプリの関係について

  3. コエンザイムQ10には還元型と酸化型が存在している

  4. 妊活中男性の食事と運動について。男性不妊の改善は食生活の改善から…

  5. 男性不妊の改善として推奨される亜鉛。なぜ亜鉛は男性妊活に良く登場…

  6. 精子の質はサプリメントで左右される?男性妊活の基本となる食生活と…

最近の記事

  1. いわい薬局ご夫婦
  2. 男性妊活はもはや当たり前!男性妊活を食からサポートする人気のサプリメントをご紹介します
  3. 精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメント活用
  4. 射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命
ページ上部へ戻る