1. マイシード|男性の妊活をサポートする3大栄養素配合。男性妊活の専用サプ…
  2. 男性不妊の症状は?本人に自覚症状がないことはがほとんど。精液検査ではじ…
  3. 男性不妊(男性妊活)に効果的なサプリとは?サプリメントで精子の質を改善…
  4. 男性不妊の治療法とは?精子の異常「奇形精子」の原因と検査治療方法につい…
閉じる

男性妊活情報サイト(ヴァッシュリーブ)

コエンザイムQ10には還元型と酸化型が存在している

この記事は男性妊活の専門サイトとしてベビーライフ研究所®が監修及び運営管理しております。
ベビーライフ研究所®が製造販売するサプリメント「マイシード®」はこちら

【監修】
    二宮 英樹:
    医師、データサイエンティスト。福岡県出身。東京大学医学部卒業。専攻は公衆衛生学。
  • 阿部 裕紀:
    薬剤師。東京都出身。星薬科大学薬学部卒業。専攻は薬物治療学。
※詳細プロフィールは記事の最後に記載しております。

男性に不妊の原因がある場合、精子の数が少なかったり(乏精子症)、精子の運動が不活発だったり(精子無力症)、精子の形態が正常でない(奇形精子症)ことが考えられます。こうした症状を呈することをOAT症候群といい、乏精子症(Oligozoospermia)、精子無力症(Asthenozoospermia)、奇形精子症(Teratozoospermia)の頭文字から命名されています。

 

コエンザイムQ10がOAT症候群に対して改善が期待できる?

OAT症候群では、精子濃度、精子運動率、正常精子形態率のいずれもが基準値を下回ることが多く、どれか1つだけが悪化するケースは希だといわれます。
なぜ、OAT症候群になるのかというと、精巣の精子をつくる機能に何らかの障害があることが考えられます。しかし、その原因を特定するのはむずかしく、特効薬もまだ見つかっていないというのが現状です。

しかし、近年、抗酸化物質であるコエンザイムQ10が、OAT症候群の改善に効果があるという研究結果が数多く報告されています。
たとえば、イランで行われた研究では、OAT症候群の男性47名を2つのグループに分け、一方のグループ(23名)にはコエンザイムQ10を1日に200mg、もう一方のグループ(24名)にはプラセボ(偽薬)をそれぞれ3か月間服用してもらう臨床試験を行っています。

その結果、コエンザイムQ10を服用したグループでは、精子を守っている精奬という液体のコエンザイムQ10の平均濃度が44.74ng/mlから68.17ng/mlに上昇。さらに、精奬中の酸化ストレスの度合いを測ったところ、コエンザイムQ10の服用グループでは31.04pg/mlから22.86pg/mlに低下したのに対して、プラセボグループでは34.91pg/mlから42.54pg/mlに上昇したことがわかりました。

 

男性の不妊には抗酸化物質のコエンザイムQ10が効果的?

これらの結果から、コエンザイムQ10を服用することで、男性不妊患者の精液中の抗酸化能力を高め、酸化ストレスを低減させることに効果があると結論づけています。

また、同じくイランの研究で、OAT症候群の患者を2つのグループに分け、一方にはコエンザイムQ10を1日に200mg、もう一方のグループにはプラセボを、それぞれ26週間服用する臨床試験を行っています。服用終了後と服用終了の12週間後に精液検査、ホルモン検査をしたところ、コエンザイムQ10のグループでは、62%の男性の精子濃度が改善、27%は変化なし、11%は低下、精子運動率では、57%の男性が改善、27%は変化なし、16%は低下、正常精子形態率では、52%の男性が改善、25%は変化なし、23%は低下するという結果となりました。

これらの数値から、コエンザイムQ10は、男性不妊患者の精液所見を改善するのに効果があると結論づけられるとともに、服用期間が長くなればなるほど改善効果が期待されることがわかりました。

イタリアの大学でも、60名の男性不妊者(27〜39歳)を2つのグループに分け、一方のグループでは1日200mgのコエンザイムQ10を6か月間服用し、もう一方のグループではプラセボを服用する臨床試験を行っています。その結果、コエンザイムQ10を服用したグループでは、コエンザイムQ10の血中や精子細胞中の濃度が高まるとともに、精子の運動率が改善されました。

また、日本でも同様の臨床試験が行われています。OAT症候群の患者210名(23〜55歳)を対象に、1日にコエンザイムQ10を120mg、同じく抗酸化力があるといわれるビタミンE40mgを服用してもらい、服用後1、3、6、9、12か月後の値を調べました。
それによると、服用後3か月の時点で精子運動率の改善がみられ、精子濃度も上昇傾向にありました。精液量、奇形率については差がありませんでしたが、自然妊娠に至った症例が7例ありました。

 

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」があります。

このように、コエンザイムQ10には男性の不妊症状を改善する効果が認められます。
しかし、コエンザイムQ10なら何でもいいかというと、そんなことはありません。実は、コエンザイムQ10にはいくつかの種類があるのです。その代表的なものとして「酸化型」と「還元型」の2つがあり、サプリメントして広く流通しているのは、製造しやすく、コストがかからない酸化型のコエンザイムQ10になります。
しかし、酸化型のサプリメントは、体内にあるコエンザイムQ10とはタイプが異なるため、吸収率が悪くなります。体内で吸収させるためには、酸化型のコエンザイムQ10を還元型に変換させる必要があるのです。

もちろん、すべてを還元型に変えられるのであれば問題ありませんが、酸化型の何割かは変換されずに体外に排出されてしまいます。しかも、年齢とともに、酸化型を還元型に変換する能力は低くなるといわれています。

その点、還元型のコエンザイムQ10は、問題なく体内に吸収され、その効果を発揮します。市販されているサプリメントには酸化型が多く、値段も手頃ですが、デメリットとしては、上述したように吸収率の低さが挙げられます。それに対して、還元型のサプリメントは多少値段が高くなりますが、それに見合うだけの効果はあるといえるでしょう。

マイシード
精子検査
【この記事の監修】
  • 二宮 英樹(にのみや ひでき)


    医師、データサイエンティスト。福岡県出身。東京大学医学部卒業。専攻は公衆衛生学。
    東京大学医学部卒業後、関西医科大学枚方病院、セレオ八王子メディカルクリニックなどで診療に従事。薬や手術に頼るだけではなく、コミュニケーションや触れ合いを活かした診療をモットーに患者との対話を重視する一方、データサイエンティストという異色の肩書きを持ち、医療技術や医薬品などの有効性について原典にあたり、評価手法やデータの有効性について常に確認を欠かさない。
    地域包括ケア研究所にて医療局長を務め、医療者として地域社会のひとりひとりのための医療や正しい知識の普及活動に従事している。これまでヘルスケアメディアを通じて、正しく、分かりやすい健康情報の発信に携わってきており、医療や健康は一人ひとりの個人差がとても大きいため、個人にあわせた情報を記事で発信することの難しさを実感。情報を丁寧に紐解くことで、自分にあった正しい情報が分かるような発信を心がけている。
  • 阿部 裕紀(あべ ひろき)


    薬剤師。東京都出身。星薬科大学薬学部卒業。専攻は薬物治療学。
    現在、化粧品会社に製造責任者という立場で品質管理などに携わる傍ら、薬に頼らないセルフケア(予防)を追求し、啓蒙活動を行う。ドラッグストアでの勤務経験を活かし、ライフスタイルに合わせた健康食品やサプリメントのアドバイスなども行う。個人的には、薬はあまり好きではなく、自然なもの(食品に近いもの)で身体の不調を治すことを常に考え、アドバイスを行っている。

の関連記事

  1. 妊活中の男性にとって重要なサプリメント。コエンザイムQ10は精子…

  2. 男性不妊(男性妊活)に効果的なサプリとは?サプリメントで精子の質…

  3. 男性妊活とサプリメントの関係性。サプリメントで体質を改善できる?…

  4. 精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメント活用

    精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメン…

  5. 妊活サプリの栄養素や安全性について

  6. マカだけじゃ足りない!マカ以外にも妊活に必要な栄養素がある

最近の記事

  1. いわい薬局ご夫婦
  2. 男性妊活はもはや当たり前!男性妊活を食からサポートする人気のサプリメントをご紹介します
  3. 精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメント活用
  4. 射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命
ページ上部へ戻る