1. マイシード|男性の妊活をサポートする3大栄養素配合。男性妊活の専用サプ…
  2. 男性不妊の症状は?本人に自覚症状がないことはがほとんど。精液検査ではじ…
  3. 男性不妊の治療法とは?精子の異常「奇形精子」の原因と検査治療方法につい…
  4. 不妊と漢方…自分とパートナーの現状を受け入れる「愛」が変えていくもの
閉じる

男性妊活情報サイト(ヴァッシュリーブ)

男性不妊とは?男性不妊の主な原因について

この記事は男性妊活の専門サイトとしてベビーライフ研究所®が監修及び運営管理しております。
ベビーライフ研究所®が製造販売するサプリメント「マイシード®」はこちら

近年、不妊症で悩むカップルが増加の傾向にあります。不妊症とは、日本産婦人科学会の定義によると、定期的に夫婦の営みがあり、避妊をしていないが、1年以上妊娠をしていないこと。厚生労働省が発表した平成14年度の不妊治療患者数は、推計で466,900人。治療をせずに諦めてしまっている人も含めると、さらに多くのカップルが不妊で悩んでいることが想像できます。

一般的に、不妊の原因は女性側にあるというイメージがありますが、WHO(世界保健機構)によると、実は不妊症の48%は男性が原因だということが分かってきました。不妊治療は女性のみが受けるものという考えは、私たちの思い込みによるものだったのです。

 

男性不妊の種類と対策

男性が不妊とされた場合、その原因の多くは精子に関する問題で、中でも元気な精子をつくりだすことができない「造精機能障害」が大きな原因とされています。
男性が1回の射精で放出する精子の数は数億個あり、その99%が子宮にたどり着く前に死滅。そして子宮に入り、かつ卵子の周囲まで到達できるのは数百個以下となってしまいます。この過酷な戦いを勝ち抜けるほど精子が元気であれば妊娠できますが、元気の無い精子では、妊娠できる可能性が低くなってしまいます。

元気な精子をつくれない「造精機能障害」は、先天性と後天性のものがあります。先天性は、遺伝的な要因のほか、発育段階での何らかの影響により性機能が不全になってしまうこと。
後天性は、食生活や生活環境の変化、ストレス、病気による薬の影響など、原因はさまざまです。成人男性の精子数が減少しているという研究結果も発表されており、元気で正常な精子をつくれない男性は、確実に年々増加の傾向にあります。

 

男性不妊の主な種類と対策

 

乏精子症(ぼうせいししょう)

精液の中に精子の数が明らかに少ない状態のこと。自然妊娠には精子の数は4,000万以上、運動率50%以上であることが望ましいとされています。精子の量が少ないため妊娠しにくい傾向にありますが、タイミング法(排卵の時期に行うこと)などで、妊娠しやすい日を狙うと、妊娠の可能性が高まります。また、精子の数は悪くなくとも、運動率がやや低めの場合は妊娠できない場合もあります。

無精子症(むせいししょう)

無精子症とは、男性の精液中に精子が無い状態のことです。しかし精液中に精子がいなくとも、精巣内に精子がいるのなら、不妊治療にて顕微鏡受精などが可能となるため、先ずは検査をすることが重要です。無精子症には、閉塞性と非閉塞性の二通りがあります。

閉塞性無精子症(へいそくせいむせいししょう)

無精子症の一つが、閉塞性無精子症です。精子はつくられているが、「精管(精巣から精子が体外へ出ていける経路)」の一部がつまっているなどの原因により、精子が運ばれずに起こる症状のことです。医療機関での治療により自然妊娠が可能となる可能性もあります。

非閉塞性無精子症(ひへいそくせいむせいししょう)

無精子症のもう一つが、非閉塞性無精子症。精巣から精子が体外へ出ていける経路があるにも関わらず、精液中に充分な数の精子が出てこない状態のことです。医療機関での治療により自然妊娠が可能となる可能性もあります。

精子無力症(せいしむりょくしょう)

正常な精子の数があっても、元気に動いている精子が少ない状態のことを言います。精液検査を行い、精子のなかで十分な運動ができる精子が40%未満の場合、あるいは前身している精子が32%未満だと、精子無力症とされます。妊活できない時には、元気な精子を使って、人工授精や顕微鏡受精を行うことが考えられます。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

睾丸(精巣)に、血液が逆流して精巣の静脈血管が瘤(こぶ)状に腫れているものを、精索静脈瘤といいます。血液がスムーズに流れることができなくなることで、睾丸の温度が上昇。その結果、精子をつくる機能に悪影響を与えてしまいます。自覚症状はありませんが、まれに陰嚢の違和感を自覚することがあります。男性不妊患者の40%以上に認められているものの、あまり知られていません。程度に合わせて薬物療法から外科的手術などの方法があり、治療により改善し、自然妊娠する可能性があります。

勃起不全(ED)(ぼっきふぜん)

勃起不全とは、性交時に有効な勃起が起こらずに性交が行えない状態、または勃起が一定時間維持できない状態のこと。現在私たち日本のED患者は1,100万人以上と言われており、ストレスなどの心因性も原因となります。性交渉する時はリラックス状態が望ましいですが、それでも性交に至ることができない方は、ED治療薬などを処方されることもあります。

膣内射精障害

性交できる程度には勃起しても、女性の膣内で射精できなくなってしまう状態です。これもストレスや飲酒のしすぎなどが原因になるほか、栄養不足によって起きることもあります。

男女の不妊の原因の割合は、ほぼ同じということが分かってきました。妊娠を望むのならば、一方的に自分は関係ないと思わずに、先ずは精液検査を受けることが大切です。精液、その中の精子の状態をみることで、不妊につながる可能性があるかどうか判断できるからです。原因が分かれば、食生活や睡眠、運動など、生活習慣の見直しで改善できるのか、内科的治療、外科的治療、そして人工授精・体外受精などが必要なのか、治療方法の選択が明確になります。不妊治療は、男性も一緒に取組む時代なのです。

 

男性不妊に関するその他の記事

マイシード
精子検査

の関連記事

  1. 不妊は男性側にも50%の原因があった!男性が知るべき不妊の実態と…

  2. 男性不妊の症状は?本人に自覚症状がないことはがほとんど。精液検査…

  3. 男性不妊の主な原因を探ってみる。男性不妊を知ることで何をしていけ…

  4. 不妊とは?一般的に言われる不妊症についてを考える

  5. 不妊の原因の50%は男性側にも問題があった(精子に問題がある?)…

  6. 男性にも不妊がある!男性不妊とはいったいどういうことなのか?

最近の記事

  1. 精子にも寿命がある
  2. いわい薬局ご夫婦
  3. 男性妊活はもはや当たり前!男性妊活を食からサポートする人気のサプリメントをご紹介します
  4. 精子に良い食べ物ってあるの?精子の質を高める食生活と、サプリメント活用
  5. 射精できても精子が元気とは限りません!知っておきたい精子の寿命
ページ上部へ戻る